FC2ブログ

無言実行 〜つぶやきブログ〜

在るものを活かし、無いものを創る

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ニューロマトリックス理論

0   0

neuromatrix-thumbnail2.jpg

【参考文献】Journal of Dental Education Volume 65, No. 12
      Pain and the neuromatrix in the brain



メルザックのニューロマトリックス理論ですが、かの有名なゲートコントロール理論を提唱した方でもあります。
しかし、そこから発展したこの理論は、いままで説明がつかなかった精神や免疫系との関連も示唆するものであります。

大雑把に説明しますと、脳内の「身体的な自己(ボディ・セルフ・ニューロマトリクス)」は、自己と他者を意識的に区別する神経ネットワーク機構であり、このニューロマトリクスには痛みに関わる感覚的情報(体性感覚、内臓感覚、視覚、平衡感覚)、認知的情報(脳内からの予測、経験、記憶や頭頂連合野などからの知覚・概念形成)、情動的情報(ノルアドレナリンシステム、免疫システム、大脳辺縁系からの本能的感情)などが、包括的に入力しています。
そして、そのシステムから出力された神経的なサインが、予測や誤差のレベルを超えたときに、またそれが継続したときに、痛みの知覚、行動、ストレスなどを発現させているとされてます。

この考え方はかなり好きで、ほぼどの分野でも言えるのではないかと思います。この配分や丸の範囲がアンバランスであると、身体にとっては不都合が生じると考えます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mugonjikkou.blog31.fc2.com/tb.php/215-2d3c4eea
該当の記事は見つかりませんでした。