FC2ブログ

無言実行 〜つぶやきブログ〜

在るものを活かし、無いものを創る

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

麺通団

0   0

日曜は、1日英語の文献を訳しながら読んでいました。最初からその予定にしてたので、土曜日は映画「UDON」をみてから感化され行きたかった、香川に行ってきました。

讃岐うどんはどんな歯ごたえだろうか…、味は…何年か前にもいきましたが、美味しかったというイメージはあるものの詳細はしっかりと把握しておらず。

うどんを食べる習慣があまりない信州人にとって?、本場の味は未知数です。

P1040071.jpg

まず、1軒目は吉本食堂。かけうどんが200円で、天ぷらが100円。自家製麺であろうコシがありつつもやわらかく、麺にほどよくキレがあるため醤油ベースのたれと相性が良い。若干昔の給食を思い出すようなシステムで、麺を頼んでからはセルフサービスで行う。天ぷらをのせて前払い。量もそれほど多くなく速くできあがるため、ファーストフードに近い。しかし、そこは昔から地域に根強いているソウルフード。老若男女問わず回転が早い。完全に生活の一部にお邪魔しているような感じで、逆に居心地の良さもある。
P1040075.jpg

2軒目は、牟礼製麺。
ぶっかけうどんがおすすめで、昆布、かつお、そして多分にぼしからダシをとったつゆが美味しかった。ぶっかけは、通常のうどんのイメージどおりで、つゆが沢山という意味合いだろうか。
麺が通常よりも多いにも関わらず、柔道部の高校生が4玉食べていたのがさすが、というところ。
周辺に学校が多いこともあり、学生がやや多め。また、道路沿いに面しており駐車場があるにも関わらず、食事の早さからかほとんど皆路駐。勉強になります。家族で営んでいるのか、アットホームな感じが素晴らしいです。
P1040079.jpg

3軒目は寒川うどん。
一番大型の店舗で、駐車場はツタヤや本屋さん並みに有り。セルフのメニューが多く、湯煎しているサッカー部の小達も何名かいる。お昼時でもあり、やや行列になるほどの人気店。麺が柔らかくもコシのある、1・2軒目のちょうど合間のような風合い。大根おろしののった、おろしそばが美味。奥さんはここの麺が好きな様子、女性はオススメかもしれない。高齢者のご夫婦や子連れの家族等、客層が本当に広く地域に根ざした「うどん」であるのだなあ、と実感しました。
P1040076.jpg

金比羅山に登る予定も立ててはいたが、雨も降っており今回は麺通団のみと相成りました。
念願のうどん、やー本当にうまかった。何年か前よりも味がわかるというか、ようやく気にしはじめたなあと感じました。

鳴門海峡の渦潮や明石大橋も初めて見て、通りました。たまにはこういう週末があると、日々がよりがんばれますね!オフをおもいっきり満喫した感じでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mugonjikkou.blog31.fc2.com/tb.php/217-f09bb70f
該当の記事は見つかりませんでした。