FC2ブログ

無言実行 〜つぶやきブログ〜

在るものを活かし、無いものを創る

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

脳活動の割合とバランス感覚

0   0

脳の活動は1割未満で、あとは解明されていない、もしくは使っていないと聞いたことはありませんか?

俗学に反論しますが、自身は必要最小限が「1割」と考えています。毎回最大限使用していたのでは、すぐに疲労してしまいます。

死ぬまで使いきることを前提とするならば、いかに最小限で最大限の効果を出すかがポイントだと思います。

極論では、全ての脳細胞が単体で1割の働きをしても、トータルで1割になります。

上下はあると思いますが、究極の和というかチームアプローチ、アンサンブル、言葉が見つかりませんが…、そんな感じです。

高校野球など部活やスポーツは終わりや区切りが見えるので、全身全霊を尽くします。

いわば、全員が10割で死に物狂いの極限を模索します。

しかし、それを日常や生活、仕事で行うと、なんか早死にしそうですよね。

結婚していたり子供がいたり、待っている患者や同士など、守るべきひとが脳裏に浮かぶのであれば、10割という選択肢はどうでしょうか?

本人が、それが本望なら周りの人も納得するでしょう。

一方で、社会的にはどうでしょうか?

継続して安心した存在、場を提供していくためには、「ほどほど」にいくバランス感覚が必要でしょう。


日本人の美学は侍、切腹の10割ですが、少し立ち居振舞いに悩むところですね。

模索してみましょう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mugonjikkou.blog31.fc2.com/tb.php/234-78f8e635
該当の記事は見つかりませんでした。