FC2ブログ

無言実行 〜つぶやきブログ〜

在るものを活かし、無いものを創る

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

第1回次世代リハビリテーションセミナー

0   0

大変遅くなりましたが、次世代リハビリテーション研究所主催、第1回次世代リハビリテーションセミナー~Next Generation Standard Rehabilitationの構築〜へ参加してきました。奥埜先生からもお誘いがあり、最近のPDや軟知性疼痛についての見解を学んできました。
最初は、辻下守弘(一般社団法人次世代リハビリテーション研究所代表理事)先生のご講義。バイオフィードバック等学生以来の分野ではありますが、世界ではかなり進んでいることを知りました。TPPも進んでいくかもしれないこの現状で、日本以外の状況を知っておくことも重要ですね。メトロノーム療法はかなり勉強になりました!!要素を臨床に活かして手拍子等を入れています。
 次は、パーキンソン病に対する次世代リハビリテーションで奥埜博之(摂南総合病院)先生です。運動前野を賦活し、CPGへの反応性を高めることは勿論、活動が減ってしまっている補足運動野も賦活していくという推論過程は、自身の持論とも共感する部分が多くありました。Lドーパと体幹の関係性の論文は目を見張るものがあありました。また、文献の調べ方が徹底していて、そこまでは調べきれていないな〜と感じました。さすがですね。
 最後は、難治性疼痛症例に対する次世代リハビリテーションという題で、西上智彦(甲南女子大学)先生でした。二点識別覚と身体イメージ(描写法)の関連性の詳細はわかりませんでしたが、腰背部の絵を書くことによって感覚検査が変化したり、若干の腰痛軽減に至る等、今までにない視点が新鮮でした。描写法は自身もよく行い、それで発表してきた経緯もあり興味がありました。腰痛であったので腰椎を書いたと思いますが、仙骨の位置関係まで考えて書くような課題にすると疼痛軽減はさらに図れるのでは、とも感じました。

 年齢は少しだけ上ですが、ほぼ同世代の先輩の方々の躍進をみていますと、なにか心強く感じます。今自分にできることを、やはりこつこつと続けていくことですね。
 忘年会か新年会で、また関西の濃いメンバーで盛り上がりたいですね!!奥埜先生、また集まりましょう!今回はご講義ありがとうございました!!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mugonjikkou.blog31.fc2.com/tb.php/264-9c700c93
該当の記事は見つかりませんでした。